しめ縄、鏡餅、門松を飾る理由と正月飾りをしても良い日

今年もあと残すこと10日です。

そろそろお正月を迎える準備をしなくてはなりません。

正月は、土地や家を守る歳神様を迎える行事。その準備として、しめ縄、鏡餅、門松が飾られます。

  • 門松は、歳神様が迷わずに家にこれるようにする目印
  • しめ縄は、自分の家が歳神様を迎えるにふさわしい神聖な場所だと示すためにに飾ります。
  • 鏡餅は、正月にきてくれた歳神様が身を休める場所。

この正月飾りを飾り初めて良い日は実は決まっていて12月13日からなんです。

その理由ですが、12月13日は江戸時代まで「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われていて、鬼が宿で休んでいて邪魔されないので正月準備をするのにふさわしいとされていたそうです。

それが、現在も残っていて12月13日には、神社やお寺では正月準備をはじめているそうです。

また、飾り付けはいつまでにすれば良いのかと言うと、12月28日までに済ませるのいいそうです。

理由は、28日の8の漢字「八」は末広がりで縁起がいいので、12月28日までにお正月の準備はすると縁起が良いとされているそうです。

正月飾りを取り外す日は?
鏡餅は、地域によってかわりますが、関東では一般的に1月11日の鏡開きの日に取り下げて食べるそうです。

門松としめ縄、こちらも地域によってちがいますが、関東では1月7日に取り外すのが一般的だと言われています。

しめ縄の種類

  • 牛蒡締め(ごぼうじめ・・・・縄の先がごぼうのような形をしたしめ縄です。神棚向きで、神棚に飾るときは紙垂などをつけます。
  • 玉飾り・・・縄を編んで輪っかにした形をしています。下に藁をたらして、真ん中に縁起物をつけます。
  • 輪飾り・・・玉飾りのように綱を輪っかににしていますがシンプルにしたもの。

昔は、大きな牛蒡締めが玄関先に飾られていましたが、時代が変わるとともに住宅事情も変化し玉飾りや輪飾りがでてきたそうです。お値段がさまざまでちがいますが、ご利益に差はないそうです。

血糖値が高くなったらどうする?始めるなら今でしょ!

血糖値がずいぶん高くなってきましたね!

ヘモグロビンA1cも上がってますね。

このままなら近い将来まちがいなく糖尿病になりますよ。

しっかりと対策を始めた方がいいです。

まずは食事から変えてみましょう。

暴飲暴食はやめて、管理栄養士の指導を受けて帰ってくださいね。

これが健康診断で先生に言われたことです。

でも忘年会の予定が10回以上入っていたので「来年からでいいですか?」と言ったら

やるなら今でしょ!と林先生みたいなことを言われました。

しかし、どう考えても外食が多いので食事を変えることなんて出来ません。

管理栄養士の指導は2時間以上。

糖質の多い炭水化物は控えること!

ご飯も麺類もパンも駄目といいます。

ましてコロッケやトンカツなど揚げ物の衣が駄目なんて・・・

もう安くてボリュームのあるお弁当なんて食べられません。

本当に糖尿病の予防って大変なんですね。と管理栄養士さんに言ったら・・・

なにか勘違いしていますね。と言われました。

あなたは既に糖尿病になっていると思ってください。

そう思って始めないと100%糖尿病になりますよ。と脅すのです。

そこで自炊できない状況を説明したら冷凍弁当を紹介してくれました。

糖尿病患者が食べられるように調整済の食事を冷凍庫に入れておいて

食事の時にレンジで暖めて食べる方法を教えてくれました。

これなら自炊できない時でも食事に対する不安はないそうです。

家に帰ってからネットで調べました。

食宅便やウェルネスダイニングなど食事宅配サービスが見つかりました。

一応、口コミで評判の良い所を探していたら『ナッシュ』が良さそうです。

興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

史上最高齢の日本人プログラマー!

2017年アップル社の新商品説明会でCEOのティム・クック氏より、史上最高齢のプログラマーとして紹介された若宮正子さんをご存知ですか?

なんと年齢は82歳。今年初めてアプリを開発し、プログラマーとして紹介されたのです。

そのアプリは「hinadan」という名前。

日本に昔から伝わるひな祭りに飾るあの『ひな壇』です。お雛様や五人囃子を正しい位置に配置するシニア向けのシンプルなゲームです。

現在存在している多くのアプリは、若い世代に向けのものが多いですよね。しかし、これからはシニア世代の人もスマートフォンを活用する時代になりました。

若宮さんは、そんなシニア世代のスマホ操作に配慮し「若者に勝てるゲームを開発しようと思い」hinadanを開発したそうです。

しかも、若宮さんは、このアプリのプログラムを作るプログラミングを学校にも行かないで独学で学びマスターしたそうです。これは驚きです!簡単にできる事ではありません。

プログラミングとは・・・コンピューターが理解できる言葉に変換して指示を打ち込む事。

若宮さんがコンピューターをやり始めたのは60代の時、定年退職してやっと自由な時間ができましたが、その当時、母親が要介護だったので若宮さんが介護をされていたそうです。その為、自宅からあまり外出が出来なかったそうです。

そんな時、雑誌で「コンピューターがあれば世界でおしゃべりができます。」と言う広告を見て直ぐにコンピューターを衝動買いしたのが始まりだったそうです。

ところが、コンピューターを買ったのは良いが、ネットに接続できるまでに3か月もかかったそうです。

その後、高齢者が集まるインターネット上のある掲示板を見つけることになります。わからない事があると、そこの掲示板で質問をすると、その掲示板を見ている仲間が教えてくれ支えてもらったそうです。

現在、若宮さんはパソコンでの自分の経験を活かし、高齢者にパソコンを教えるために全国で講演会の活動をされているそうです。

若宮さんのように、高齢になっても活躍するには、体が健康である事も大切ですが、自分が興味がある好きなことを見つけてやり続ける事、社会とつながっている事が健康寿命につながる。と専門家は話していました。