月別: 2019年2月

光岡自動車の人気の秘密

今回は、カスタム車を作って人気の光岡自動車の魅力についてまとめています。

昨年の2018年の車の売上ランキングでは
1位:トヨタ
2位:ホンダ
3位:日産
4位:スズキ
5位:マツダ
6位:スバル
7位:三菱
8位:いすず
9位:日野
10位:光岡自動車

日本のトップ3は、トヨタ、ホンダ、日産です。

10位の光岡自動車の年間売り上げ台数は550台。トヨタグループ(トヨタ・ダイハツ・日野自動車)は1000万台。

ですが、光岡自動車は作れば売れてしまう、予約待ちの人がたくさんいる、車が好きな人に絶大な支持をうけている会社です。

光岡自動車の車の特徴は、大手メーカーから車を購入してきた車を改造して光岡の新しい車に作り直して販売するスタイル。

カスタママイズされ車は、1930年~1950年代に走っていたクラシックな形が多く、車のことは分からない私も光岡自動車のクラシカルな車を見たら、こんな素敵な車に乗りたくなりました。

クラシカルなデザインの車が多いのは、社長の光岡進さんが幼いころにあこがれた、その時代の車が頭に残っているからなのだとか。

その光岡で一番売れている車が「ビュート」です。これは日産のマーチをカスタマイズして作られた車です。

気になるお値段ですが、マーチは115万円。それがビュートになると240万円~。と倍以上高くなりますが、それでも年間300台売れているそうです。

その他にも、マツダのロードスターを改造して、光岡のロックスターにカスタマイズ。お値段は、マツダのロードスターは255万円、光岡のロックスターになると469万円~と、200万円以上高くなります。

高くなるには理由があり、大手のようにロボットは使わず、全て職人が手作業で一台一台を作りあげているそうです。

仕事をがんばって光岡自動車で自分だけの車を作ってもらい乗りたいと思うのは男性だけではなく、女性にも人気が高いのでないだろうか。