月別: 2018年10月

マラソンで42.195キロを完走するぞ!

秋から冬にかけてはマラソンや駅伝のシーズンですよね。

今年はリオオリンピックで盛り上がりましたが、

来年には世界陸上もありマラソンの代表争いもそろそろ始まる頃です。

いつもテレビを見ては選手の走りに胸を躍らせている俺だが、

自分はマラソンなんて今まで一度も走った経験がない。

そもそも運動オンチだし、走ることには全くといって自信がない。

学校の体育の授業でやる持久走ですら苦手で大っ嫌いだった。

そんな俺がある日、いつもなら家でマラソン中継を見ているのに、

その日は、初めて沿道に出て応援してみることにしたんです。

必死に走る選手の走りを生で見た時、俺は心を打たれ胸が熱くなり、

徐々に“自分でも走ってみたい!”という思いが強くなっていました。

思い立ったらすぐに行動に移すタイプだった俺は、

早速、次の日からランニング教室に通うことにしました。

マラソンで42.195キロを完走するぞ!と意気込んで通い始めたものの、

まさかこんなにトレーニングがキツイとは・・・

平行して筋力アップのために基礎体力作りも行っていたから、

最初の1~2週間くらいはついて行くのがやっとの状態でした。

ただ頑張れば変われるもんですね。

半年後には、なんとか42.195キロを走れるまでになっていたんです。

本当はメジャーな大会に出たかったんだけど、

とりあえ地元のマラソン大会で腕試ししてみることに。

大会当日、朝から緊張しまくりでスタートラインにつくと

今までにないくらい足がブルブルと震え出しました。

いざスタートすると周りが速すぎて後方に置いてけぼりになり、

ペースが上がりそうになったけど、焦らずマイペースを守りました。

その後、押し返して30キロまでは良い調子で走っていましたが、

案の定30キロを過ぎてからは足が動かなくなってきたんです。

もうタイムなんてどうでもいい!完走したいんだ!

とにかく、がむしゃらに走ってひたすらゴールを目指すのみ。

最後の5キロくらいはほとんど歩いていましたが、

なんとか目標の42.195キロを完走することができました。

タイムは7時間10分でメチャクチャ遅かったんだけど、

走り終わってからは、心が達成感に満ち溢れていたんです。

よし!次は東京マラソンにエントリーしよう!

ただその前に制限時間の7時間を切れるようにならないと、

東京マラソンに出ても完走することができません。

もう少しトレーニングして、来年こそは東京マラソン出場だ!

年末の大掃除でフライパンを捨てた!

12月になって早めの大掃除をはじめました。毎年のことですが出遅れるからです。

まず大掃除では、不要になったものを探し出して、捨てるところか始めますが、

1年間たまったものを捨てるのは意外に大変なのです。

みなさんも家も大掃除をすれば不用品が沢山でてくると思います。

我が家で一番てこずる不用品と言えば「フライパン」です。なんと今年は6個もでてきました。

なんでフライパンが6個も出てきたのか?

それは私と妻のこだわりの違いです。私は強い火力でガンガンフライパンを叩く中華流。

だから15年も使い込んでいる鉄製の中華鍋を愛用しています。

しかし、これは重いので妻は使いずらいと言います。さらに使用後は綺麗に洗って

油をうすく塗らないと錆びてしまうため遣い勝手が面倒なのです。

そこで、妻は焦げつかないテフロン加工のフライパンを使いますが、問題はフライパン選びです。

くっつかないフライパンや焦げ付かないフライパンは、800円くらいから8,000円もするものもあるからです。

私は、高級志向なので比較的高い、くっつかないフライパンを選びます。

ところが妻は、800円のフライパンを買ってきます。

くっつかないフライパンは消耗品という浅はかな考え方で買ってくるから、

案の定2ヶ月もするとフライパンは、焦げ付き、くっつくようになってしまいます。

すると躊躇なく新しいフライパンを購入。こうして我が家には2ヶ月毎にフライパンが増えてゆきます。

え!捨てないの?と思われるでしょうが、妻は捨てません。

なぜならば、ケチだからです。

しかし、大掃除の時位、6個もフライパンをどうするの?と聞けば、答えに困って

嫌々処分するというバカなことを5年も続けています。

みなさんの家庭では、こんな話があるのでしょうか?

わたしの数少ない経験の中でも、フライパンを溜める女は妻だけです。

ああ、アホラシ!

食事で血圧を見直す

50歳を過ぎた健康診断で夫婦そろって高血圧になってしまいました。

先生から食生活が偏っていないか見直すように言われて妻がひどく傷ついてしまいました。

わたしの料理が高血圧の原因になったとうつ病になってしまうほど悩んでいます。

これは何とかしなければと、医学書や高血圧の食事の本を購入して食生活を変えました。

妻も一生懸命食事を作ります。塩分やカロリーを抑えるのはもちろんですが

食材も20品目から30品目をバランスよく食べるように料理を作ります。

それなのに良くなる気配もありません。

逆に私は糖尿病の気配があると言われ、妻は悪玉コレステロールが急上昇!

女性の場合、更年期を迎えると女性ホルモンが減少し高血圧や脂質異常症になるそうです。

こんなに頑張っているのに、どんどん悪化するのは何故?

考え込んでも分からない!

もう諦めかけていた時にネットで見つけたのが、荒木裕の高血圧の断糖食です。

かなり高額な商品なのですが、実践した人の99.9%が成功した方法と書かれていたので思い切って購入しました。

内容を見て妻も私も驚きましたが、試しに1ヶ月だけやってみることにしました。

すると恐ろしいことに。高血圧や血液検査がすべて正常になってしまったのです。

誰に話しても信じてもらえませんが、これからも続けたいと思います。

食事制限を手軽にできる食事宅配サービスは人気があるのですが、一つだけデメリットがあります。それは一般のお弁当と比べて価格が割高である点です。コンビニでもお弁当屋さんでも、高くて500円~600円が相場じゃないでしょうか?ところが食事宅配サービスは、600円~700円が相場です。しかも送料まで掛かります。そこで、塩分制限宅配食の価格を比較してみました。できるだけリーズナブルな食事を選ぶのが賢い方法ではないでしょうか。