月別: 2017年1月

乳がん検診は3か月先まで予約で一杯!

私は27歳の誕生日を迎えたばかりですが、実は乳がんに怯えています。

それというのも母も祖母も乳がんだったので、わたしも遺伝しているかもと

心配しながら生活をしていたのです。しかし普段は仕事の忙しさで

忘れていることが多いのですが、先日のテレビでだいたヒカルさんを見て

乳がんの恐ろしさを改めて思い知り恐怖が込み上げてきたのです。

母からも1年に1回は、乳がん検視を受けるように言われていましたが

あまりにも忙しく3年間も受診するのを忘れていました。

このままではいけないと思い、前回検診を受けた病院に予約の電話をしました。

すると3か月先まで予約で一杯になっていると言われました。

すでに胸にシコリが確認できるようなら優先的に検査をしてもらえますが

あくまでも乳がん検診であるならば、3か月後になると言われました。

一度、気にになると、どうにも落ち着かないので、ネットで徹底的に調べました。

そこで、見つけたのが、乳がん検診の病院を紹介するサイトです。

たわしの住んでいるさいたま市の乳がん検診を特集するページもありました。

乳がん検診をしている病院の紹介と予約の空き状況も確認できる上に

ネットから直接予約を入れることも出来ます。

わたしは、さいたま市大宮区の乳がん検診おすすめ病院から、新都心むさしのクリニックを

選びました。マンモグラフィを使った乳がん検診が6,480円で受けられます。

色々な地区ごとにおすすめ病院が紹介されていますので、参考になると思います。

「耳をすませば」の主人公・雫が本当にいじらしい

先日、ジブリの「耳をすませば」がTVで放送されました。

「耳をすませば」を見ると青春時代を思い出す

という方も多いのではないでしょうか。

この作品の主人公は、月島雫という読書が大好きな女の子と

天沢聖司という将来バイオリン職人になりたい男の子の2人。

「耳をすませば」では、どんな夢に向かって進路を決めようか悩む一方で、

好きな人になかなか素直になれない恋心が繊細に描かれています。

特に、女の子の雫が本当にいじらしいんです。

読書好きで図書館に通いつめている雫は、

自分が借りる本の図書カードに、いつも「天沢聖司」という

名前が書いてあることに気づきます。

雫は自分と本の趣味が合うその男の子に恋心を抱くようになるんです。

そんな時、自分が作ったカントリーロードという歌の替え歌を

バカにする男子生徒が現れて雫は嫌な気分になります。

ところが、ある日、電車に乗っていたある一匹の猫に導かれて

「地球屋」という素敵なアンティークショップにたどり着きます。

そして、そこの店主の孫である男の子と出会ったんですが、

その子が、気になっていたあの「天沢聖司」だったんです。

この事実を知った雫は、少し恋心が冷めそうになりますが、

夢に向かって頑張っている彼の魅力に少しずつ惹かれていきます。

女の子って夢に向かって頑張っている男の子に

結構キュンときちゃったりするものですよね。

でも、聖司が自分の夢に向かって進んでいく姿を見て、

ドンドン彼に置いて行かれる自分に焦りを感じるんです。

そこで、本が好きな雫は物語を書くことを決意します。

聖司のおかげで進路の迷いがなくなって、

小説家になるという将来の夢が見つかったのかもしれませんね。

彼女にとっては、上手く書ける書けないは別として、

とにかく、今の自分の力を試してみたかったんでしょう。

もちろん、好きな人が夢に向かって突き進んでいるのを見て、

自分だけ立ち止まってはいられなかったということもあるでしょう。

こうして、せっかく見つかったやってみたいことだったわけですが、

自分が納得のいく物語が書けずに雫は泣き出します。

しかし、最初の読者になってくれたアンティークショップの店主に、

荒々しく未完成なところが聖司のバイオリン作りに似ていると言われて、

雫は少しずつ落ち着きを取り戻すわけです。

ドンドンの夢に向かって先を行く聖司でさえまだまだなのに、

自分のような未熟者が書けなくて当たり前と納得したんでしょうか。

ラストは、受験勉強に戻った雫の前に短期留学から帰ってきて聖司が現れ、

「俺と結婚してくれないか!」とまさかの大胆プロポーズ!

もちろん、雫は聖司のプロポーズを受け入れてめでたく話が完結します。

因みに、2017年1月27日の金曜ロードショーで10回目の放送となった

「耳をすませば」は、視聴率が14.5%もあったそうです。

ジブリ作品は、何回放送されても相変わらず高視聴率ですね。

好きな人に素直に好きと言えない・・・

そんな雫のような経験をした女性は多いはず。

「耳をすませば」は、そんな甘酸っぱい青春の思い出が

走馬灯のように蘇ってくる素敵な作品なんです。

トランプ大統領就任で日本への影響は?

1月20日に大統領就任式が行われ、トランプ大統領が正式に誕生しました。

今後、日本へはどのような影響が及ぶのでしょうか。

トランプ大統領は、米国第一主義を就任式で宣言し、

外交や経済の両面でアメリカの国益重視の政策を行うそうです。

TPPからの離脱を宣言したことによって、FTPのような2国間交渉を

トランプ大統領は求めてくるようになるでしょう。

でもね、これってアメリカも利益を大きく損なう可能性がありますよね。

だって、確かTPPによってアメリカの国外への輸出拡大が期待できたので、

アメリカの農業には大きなメリットになったはず。

日本の農業関係者は、多くの方はTPPを反対してきましたが、

個別のルールを作って貿易を行う2国間交渉だとさらなる問題があります。

おそらく、尖閣などの安全保障や自動車関税の問題などを絡めて、

日本のお米の高い関税の引き下げを狙ってくると思いますし、

さらなる農産物の市場開放も狙っているでしょう。

だから、日本の農業関係者は、あまり喜んではいられないのです。

ひょっとしたら、統一されたルール内で貿易が行われるTPPの方が

まだマシだったという結果になるかもしれないですからね。

それに、トランプ大統領が、環境規制を撤廃し、税制面も優遇すれば、

日本から企業がアメリカに流れる可能性も否定できません。

このように、トランプ大統領の誕生によって、

日本経済への悩ましい問題がたくさん出てくることが予想されます。

他にも、中国との尖閣諸島問題、沖縄米軍基地の維持費用の問題、

北朝鮮の拉致問題など様々な問題があります。

尖閣諸島問題では、アメリカが中国に対してどのような対応を取るか。

米軍基地の維持費用に関しては、全額負担を求めてくるのか。

一向に進展しない拉致問題解決への協力はあるのか。

今後、トランプ政権に対して、安倍首相を中心とする日本政府が、

どのような対応を取っていくか注目していきたいです。