カテゴリー: 最近の出来事

年金の受け取りを70歳まで繰り下げると月の受給額が増える!?どう思いますか?

安倍総理は、9月14日に行われた自民党総裁選討論会で、「生涯現役であれば、70歳を超えても受給開始年齢を選択可能にしていく、そういう仕組みをつくりたい。3年で断行していきたいと考えています。」と話しており、

そして11月2日、厚労省から年金受給の受け取り開始を70歳まで遅らせた場合の具体案が初めて公表されました。

厚労省が公表した資料によると、夫が60歳まで働き、妻が専業主婦の場合の一例

【例】60歳まで働き65歳から年金を受給開始する場合
1か月の年金受給額は21万8000円

70歳まで働き70歳から年金受給を開始する場合
1か月の受給学は33万1000円

この差額は11万3000円にもなります。

でも、70歳まで生きているかわからない。そんな感想をもっている人も多いのではないでしょうか。

1965年当時の人口比率は、65歳以上1人に対して20歳~64歳は約9人。一人の年金を9人で支えていました。

ところが、2018年では、65歳以上1人に対して20歳~64歳は約2人。一人の年金世代の人を2人で支えています。

このような高齢化社会になって年金の問題は大変な問題となっていますが、国ではこうなるのは分っていたのだから、もっと早く対策をうつことはできなかったのだろうか?

これでは、今の若者は老後を国に頼ることはなくなる。つまり年金制度もどうなんだろうか?と、思う人が増えても仕方がないのでは。

「新しい地図 NAKAMA」が話題に!NEWSMAP結成か?

「新しい地図 NAKAMA」が様々な憶測を呼んで話題になっていますね。

香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の3人のファンクラブサイト

「新しい地図 NAKAMA」に掲載されている“新しい地図”という文字。

この“新しい地図”をそのまま英語に直してみると、

“NEW MAP”というになりますよね。

そして、もう一つなぜか東西南北の方位も描かれていて、

よく見ると3つの方角、N(北)、E(東)、W(西)が反転しており、

S(南)だけが反転していないように見えます。

「Wも反転してないじゃないか!」と一人ツッコんでしまいましたが、

反転した3文字をまとめるとNEWとなって、

反転していないSを加えるとNEWSになります。

MAPと合わせれば、“NEWSMAP”になるというわけです。

ファンたちは、NEWSMAP結成かという噂をしていますが、

ちょっと深読みしすぎな感じがしないでもないですね。

ファンだからそうであってほしいという気持ちもわかりますが。

あと、もう一つファンの間で話題になっているのが、

「新しい地図 NAKAMA」の“NAKAMA”の部分。

このNAKAMAの“N”が中居正広、“K”が木村拓哉、

“M”が森且行を指しているというんです。

中でも、一番気になったのが森且行復帰説ですかね。

確かに今でも元SMAPのメンバーと交流があるようで、

SMAPの生みの親である元マネージャー飯島三智氏が

代表を務める株式会社CULENなら、

芸能界復帰の道も可能性はあるかもしれません。

香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎がいるので、

復帰しやすい環境であるのは間違いないですからね。

しかし、まあよくここまで推測できるなあと感心しちゃいますが、

もし、本当にこれらの推測通りに展開するとしたら、

SMAPファンとしては涙がでるほど嬉しいでしょうね。

こうしてSMAP解散後も大きな話題になるのを見ると、

改めてSMAPって多くの人に愛されていたんだなと思いました。

オードリー春日が今度はエアロビに挑戦

本当にこの人はいろんなことにチャレンジしまよね。

大人気お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、

今後は、エアロビクスに挑戦すると発表しました。

オードリーは、漫才も上手いし、ピンでもそれぞれ個性を発揮しいて、

個人的には、とても大好きなお笑いコンビです。

春日のカスカスダンスとか、嫌いじゃないですね。

でも、春日って一体どこに向かっているんでしょうか。

いや別に本職のお笑いの方をしっかりやっていれば問題ないですが、

今度は、突然エアロビに挑戦するとか言うじゃないですか。

しかも、日本一を目標にしているから本気度はスゴイです。

新聞の芸能欄やネットニュースなどでも見ましたが、

ピンク色のエアロビのウエアがとてもよく似合っていましたね。

やっぱりその時も得意のカスカスダンスを踊っていました。

まあ体は鍛えられていますし、体力もそれなりにありそうなので、

結構すぐにマスターして、以外と良いところまで行くかもしれませんね。

日本一になるなら相当の努力と練習が必要になるでしょうが、

春日ならやってくれそうな気がしないでもないです。

今回の春日のエアロビで日本一を目指す挑戦は、

どうやら、「炎の体育会TV」の企画みたいです。

そう言えば、これまでにもフィンスイミング、ボディービル、

レスリングと3つの競技に挑戦していましたよね。

フィンスイミングでは、世界大会でメダルを獲得するなど、

自慢の鍛えた肉体で驚きの結果を残してきました。

すでに、週4でエアロビの練習を開始してから3カ月が経つそうで、

それなりの形にできあがっているかもしれません。

運動神経は良さそうなので、飲み込みも早いと思います。

まだ実際に本格的にエアロビをしているところを見ていませんが、

世界でメダルを獲得したポテンシャルがある春日なら、

もしかしたら、本当に優勝をやってのけるかもしれませんよ。