カテゴリー: 今知って得する情報

日焼け止めの選び方

近年、飲んでいる人も多い飲む日焼け止め。どのくらい効果があるんだろう?そう疑問に思っていたら、テレビで放送していたんですが、飲まないよりは飲んだ方が良い程度なんだそうです。日焼け止めクリームほどの効果はないみたいです。

ですが、日焼けをした後の炎症を抑える科学的な研究データーもあるサプリメントもあるので、日焼け止めを塗りながら、飲む日焼け止めを飲むのがおすすめなんだそうです。

また、日焼け止めクリームを塗ると肌トラブルをおこしてしまう。日焼け止めを塗れないくらいにお肌が敏感肌という人も多いかとおもいます。

そんな方の日焼け止めクリームの選び方ですが、日焼け止めクリームには2つのタイプがあるそうです。

・紫外線吸収剤・・・吸収させて熱に変える
・紫外線散乱剤・・・反射・散乱させるさせる

吸収剤の方がお肌に負担をかけやすく炎症を起こしやすいので、ノンケミカルとか吸収剤フリーと記載されている商品を使うのがおすすめとのことでした。

また、昨年買った日焼け止めクリームがまだ残っているから使おう。と考えている方、実は、日焼け止めの効果は一年くらいなので、昨年使っていたものは使わない方がいいそうです。

AIがメニューを決めてくれるスイーツのお店「ミシャラク 表参道」

新時代のグルメががやってきました。

みなさん、AIはもうご存知かと思います。

AIとは、膨大なデーターをもとに自分で学習していく人工知能です。

そのAI搭載のアプリを使って、自分にぴったりのメニューを提案してくれるという新しいサービス「マイ コスミック」注文ガイドが話題になっているんです。

お店は「ミシャラク 表参道」でパリで活躍するスターパティシエ、クリストフ・ミシャラクが手掛けるお店。

そこで食べるスイーツのメニューを自分が決めるのではなくてAIが決めてくれるのです。

注文の仕方はスマホを使います。

ミシャラク公式アプリをダウンロードして、会員登録をします。

「マイ コスミック」は会員登録しないと使用できないそうです。

AIは、多数の人間の性格・味覚のデーターを集めて学習しています。その日の気分や性格などを問う質問にいくつか答えると、AIがお客さんの好みを分析してメニューを提案してくれます。

どんなメニューが提案されるのか興味ありますね。

でも、私は沖縄に住んでいるので残念ですが、試すことはできません。

東京に住んでいる方は是非試してみてくださいね。下にお店情報を記載しておきます。

■ミシャラク 表参道 店舗情報!
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-2-9
営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:2018年12月31日ならびに2019年1月1日、2日。
交通アクセス:明治神宮前駅 徒歩3分表参道駅 徒歩8分原宿駅 徒歩5分
電話:03-5774-6311

しめ縄、鏡餅、門松を飾る理由と正月飾りをしても良い日

今年もあと残すこと10日です。

そろそろお正月を迎える準備をしなくてはなりません。

正月は、土地や家を守る歳神様を迎える行事。その準備として、しめ縄、鏡餅、門松が飾られます。

  • 門松は、歳神様が迷わずに家にこれるようにする目印
  • しめ縄は、自分の家が歳神様を迎えるにふさわしい神聖な場所だと示すためにに飾ります。
  • 鏡餅は、正月にきてくれた歳神様が身を休める場所。

この正月飾りを飾り初めて良い日は実は決まっていて12月13日からなんです。

その理由ですが、12月13日は江戸時代まで「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われていて、鬼が宿で休んでいて邪魔されないので正月準備をするのにふさわしいとされていたそうです。

それが、現在も残っていて12月13日には、神社やお寺では正月準備をはじめているそうです。

また、飾り付けはいつまでにすれば良いのかと言うと、12月28日までに済ませるのいいそうです。

理由は、28日の8の漢字「八」は末広がりで縁起がいいので、12月28日までにお正月の準備はすると縁起が良いとされているそうです。

正月飾りを取り外す日は?
鏡餅は、地域によってかわりますが、関東では一般的に1月11日の鏡開きの日に取り下げて食べるそうです。

門松としめ縄、こちらも地域によってちがいますが、関東では1月7日に取り外すのが一般的だと言われています。

しめ縄の種類

  • 牛蒡締め(ごぼうじめ・・・・縄の先がごぼうのような形をしたしめ縄です。神棚向きで、神棚に飾るときは紙垂などをつけます。
  • 玉飾り・・・縄を編んで輪っかにした形をしています。下に藁をたらして、真ん中に縁起物をつけます。
  • 輪飾り・・・玉飾りのように綱を輪っかににしていますがシンプルにしたもの。

昔は、大きな牛蒡締めが玄関先に飾られていましたが、時代が変わるとともに住宅事情も変化し玉飾りや輪飾りがでてきたそうです。お値段がさまざまでちがいますが、ご利益に差はないそうです。