ハナタカ優越感で紹介されたお金にまつわる情報!

TV番組ハナタカ優越感で放送していたお金にまつわるハナタカ情報を紹介します1

●今すぐ500円玉を見たくなる隠された事実
500円玉には「500」と多く書いてありますが、その他にも500と言う数字が書いてあるのをご存知ですか?

実は、500円玉を傾けると、大きく書いてある500の文字の二つのOの文字のなかに、『500円』と見えてきます!

これは、潜像と呼ばれる偽造防止のための技術なんだそうです。今すぐ500円を見て、その見える場所を確かめてください。

話はちがいますが 小銭を21枚以上もって支払いしようとすると、お店側から断られることがあるそうです。

例えば、1円玉を21枚以上持って、そのお金を使って支払いを済ませようとしても、お店側で断る事が出来るんだそうです。これは20枚以上使うお客さんに対して断れると言う法律があるそうです。

●お札に人の顔が多い理由
人の目は、人の顔やわずかな表情の違いにも違和感を持ち気が付きやすいんだそうです。その為、偽造防止のために人の顔を取り入れているんだそうです。

ちなみに、お札は日本銀行と書いてあるけど、硬化には日本国と書かれてあります。硬化は補助貨幣と言われ、政府が昔から発行すると決められているそうです。

●日本銀行が個人向けに行ている業務
日本銀行は、全国で32箇所に支店があるそうです。その窓口では個人向けに以下の業務を行っています。

1:ボロボロになったお金の交換
2:国税・社会保険料・反則金などの国に治める納める国庫金の支払い
3:国債の手続き
主に、この3つの窓口があり、個人でも日銀の窓口を利用することができるんです。

●お札を手に平に乗せただけでマジックができる
実は、お札は特殊な繊維でつくられており、手の平に乗せるとその手から蒸発した水分がお札の繊維に入り自然とお札が丸まるんです!

●ほとんど流通していない1円玉がある!
平成23年~平成25年の間お1円玉はほとんど製造されていないので出回ってている枚数が少ないそうです。

その理由は、電子マネーなどが普及したのでお釣りを支払う事が少なくなり硬化を使用することが少なくなるので新しく作る必要が無いと判断されたらしい。

そのため、その年の1円玉はプレミアムがついているんだそうですよ。今すぐ、お財布をチェック!

●防犯ブザーは多くの自治体で補助金対象になっている
今は、いろんな補助金が自治体から出ています。
知らないと損をしますよね。自分の住んでいる自治体における行政機関に問い合わせてみるといいですね。

●子育て支援パスポートが今年の4月から変わります
18才未満の子供のいる世帯で、3人以上子供がいる世帯などが利用できる『子育て支援パスポート』。※お住まいの都道府県によってちがいます。

このパスポートを見せるだけで、コーヒーが1杯無料になったり、ハンバーガーの割引きなど、ファーストフード店で割引してもらえたり、その他にも、保険、スーパー、動物園、塾、衣料品、クリーニング、美容室、レンタカーなど、さまざまな分野で割引してもらえます。

2017年4月からは、全国どこでもこのサービスが受けられるようになります。

●ベージック・インカムの意味
社会保障制度の方法の新たな考え方で、全国民に無条件で毎月一定の現金を支給する制度。もし、実施されればうれしいと思って方。実は、からくりがあって、毎月お金を支払う代わりに社会保障費を減らす狙いもあるんです。

フィンランドでは、今年も1月から試験的に導入されました。日本でも国会に法案が提出されたこともあるんです。