40過ぎたらやるべきアイドックとは?

40過ぎると、急にくる老眼。ですが、目の病気は老眼だけではありません。年齢とともに襲ってくる怖い目の病気。

例えば、白内障。水晶体が年齢と共に白く濁り視力が低下してしまう病気です。治療方法は、白く濁った水晶体を吸い取り、眼内レンズを入れて視力を確保する手術が一般的です。

失明する一番の原因だと言われているのが緑内障です。これも年齢と共に発症してしまう場合が多い。視神経が圧迫され視野が狭くなり最終的には失明してしまう病気。治療方法は、点眼薬で進行を遅らせる必要があるので早期発見が大切になります。

そして、意外と思うかもしれないのが瞼の病気の眼瞼下垂。最近はこの眼瞼下垂も診てくれる眼科が数は少ないんですがあるんですよ。眼瞼下垂は加齢によりまぶたにある筋肉が弱まり、まぶたに垂れ下がるまぶたの病気。

そのままにしておくと、まぶたがどんどん下がってしまって視野が狭くなり見えにくくなってしまいます。私の母も、年齢とともに瞼がくっついてしまって、小さい目がさらに小さくなってしまい、目が見えずらいと言って辛い思いをしていて可哀そうでした。今思えば眼瞼下垂だったんですね。

このような病気を見つけてくれるアイドックでの検査は
・目の圧力を測る眼圧検査
・視神経が正常に働いているか調べる視野検査
・眼球の奥に疾患が無いか調べる眼底検査
・網膜に異常がないか調べるOCT検査
など、検査項目は10種類。

その他に、アイドックでは、身長、体重、血圧、体脂肪率を測ります。なんか目の病気とは関係ないような気がしますが、実は高血圧や糖尿病は放置すると失明してしまう原因になるのです。それを見つけるための検査が体重や体脂肪血圧などを測るそうです。

現在、アイドックは全国でも少ないですが、40才を過ぎたら一度は検査はした方がいいそうです。