乾電池で飛行!ギネス達成記録を目指す!

テレビのワイドショーで紹介されていたので、ご存知の方もいるかと思いますが、パナソニックの乾電池エボルタのパワーだけで飛行する「エボルタチャレンジ2016」が11月6日の早朝、滋賀県の琵琶湖上で行われました。

目標は、ギネス記録として認定されている10km以上の飛行を達成すること。そして、チャレンジするのは東海大学人力飛行機チーム「TUMPA」のメンバーです。

パイロットに選ばれた鷹栖啓将くんは、本当の夢はパイロットになる事だったそうです。ですが、視力の問題でその夢は断念することに。ですが、鷹栖啓将くんは、今回、その夢を違うかたちではあるが、パイロットとして空を飛べる事に感動し意欲を燃やしていました。

しかし、結果は3,531mで着水し目標である10kmには達することはできませんでした。実は「エボルタチャレンジ2016」は、当初11月3日に予定されていましたが強風のため延期され6日に行う事になったのです。6日は、離陸する際は弱い風でしたが、沖合に出ると強風が吹いていたのです。

チャレンジが終了後、鷹栖啓将くんは、見学に来たいた母親に「大学で僕が何をやっているかは家で話さないけど、僕がやっっていたことはこれだったんだ。」と、その後、お母さんは「良かったじゃないチャレンジできて。」と。今まで心配していた母親の気持ちをちゃんとわかっていたんです。頼もしい息子さんです。

もちろん、目標を達成する事は大切だとおもいます。ですが、チャレンジするまでの過程がこれから生きていく上でとても重要な事なんだと感じました。きっと、これからもあきらめることはしない、チャレンジをしていく人生を歩いていくんだろうなきっと。