もしも糖尿病になったら

会社の健康診断で数値が悪かったので、2日人間ドックに行ってきました。

この機会に徹底的に悪いところを発見して、悪くならないようにしたいと思ったからです。

血液検査では、とくに注意が必要なの糖尿病だったからです。

血糖値が正常範囲よりも少し高いレベルだったのですが、肝臓や腎臓の数値が悪かった!

これは糖尿病の初期症状にとても似ていて、数値だけで判断するのでは手遅れになると

早めに警告してくれたという訳です。

それで2日間の人間ドックを受診したのですが、似たような結果が出てしまいました。

癌や腫瘍など大きな病気は発見されなかったものの、やはり糖尿病のリスクが高いので

今すぐにでも食事療法に取り組むように指摘されました。

そこで、別室に案内されと美人の管理栄養士さんが待っていました。

まずはヒアリングで、1週間の間に食べたものをリストアップします。

ハッキリと覚えていませんが、管理栄養士さんの誘導が凄いんです。

その日は、何をしたか?仕事でどこへ行ったか?

だれと一緒にいたか?何を食べたか?というように誘導尋問されると

1週間前に食べたものを次々と思い出します。こうして1時間ほどかけてリストを作ると

次は栄養士さんが、1つ1つ駄目出しをしながら、改善方法を教えてくれます。

それが細かいこと!ご飯の量から、食べ方までメチャメチャ細かいのです。

お弁当の場合は、揚げ物の衣をはがして食べましょう・・・嘘ですよね?

ところが急に口調が厳しくなります。

あなたの場合は、完全に糖尿病です。こんな食生活を続けていたら、

1年以内にインスリン注射が必要になる確率が高いんですよ?

このままでいいんですか?

もしインスリン注射が必要になったら、もう糖尿病から抜け出せなくなります。

今なら、まだ間に合うかも?いやいや遅いくらいです。

しっかりと自分がおかれた状況を理解して取り組んでくださいね。と叱られました。

家に帰ってからネットで調べると確かに管理栄養士の言う通りでした。

でも実際に何を食べていいか?料理もしない僕には想像を超えた話なのです。

そこで、食事療法の専門家を探すと 藤城博先生と荒木裕先生が見つかりました。

お二人は、食事だけで糖尿病を治療するというレシピ集を販売しています。

口コミ情報でも評判が良かったので試してみようと思います。

もし糖尿病なったら大変ですからね!

40過ぎたらやるべきアイドックとは?

40過ぎると、急にくる老眼。ですが、目の病気は老眼だけではありません。年齢とともに襲ってくる怖い目の病気。

例えば、白内障。水晶体が年齢と共に白く濁り視力が低下してしまう病気です。治療方法は、白く濁った水晶体を吸い取り、眼内レンズを入れて視力を確保する手術が一般的です。

失明する一番の原因だと言われているのが緑内障です。これも年齢と共に発症してしまう場合が多い。視神経が圧迫され視野が狭くなり最終的には失明してしまう病気。治療方法は、点眼薬で進行を遅らせる必要があるので早期発見が大切になります。

そして、意外と思うかもしれないのが瞼の病気の眼瞼下垂。最近はこの眼瞼下垂も診てくれる眼科が数は少ないんですがあるんですよ。眼瞼下垂は加齢によりまぶたにある筋肉が弱まり、まぶたに垂れ下がるまぶたの病気。

そのままにしておくと、まぶたがどんどん下がってしまって視野が狭くなり見えにくくなってしまいます。私の母も、年齢とともに瞼がくっついてしまって、小さい目がさらに小さくなってしまい、目が見えずらいと言って辛い思いをしていて可哀そうでした。今思えば眼瞼下垂だったんですね。

このような病気を見つけてくれるアイドックでの検査は
・目の圧力を測る眼圧検査
・視神経が正常に働いているか調べる視野検査
・眼球の奥に疾患が無いか調べる眼底検査
・網膜に異常がないか調べるOCT検査
など、検査項目は10種類。

その他に、アイドックでは、身長、体重、血圧、体脂肪率を測ります。なんか目の病気とは関係ないような気がしますが、実は高血圧や糖尿病は放置すると失明してしまう原因になるのです。それを見つけるための検査が体重や体脂肪血圧などを測るそうです。

現在、アイドックは全国でも少ないですが、40才を過ぎたら一度は検査はした方がいいそうです。

自宅でできる健康法

自宅でできる健康法を探していたら福辻鋭記の健康法を発見しました。

みなさんも「耳つぼダイエット」って聞いたことがあると思いますが、

その耳つぼダイエットを考案した有名な先生です。

もともとは東洋医学で有名な方で、アスカ治療院を開業しています。

ここには、病院で治らない病気で悩んでいる方が、沢山こられます。

病院で治療を受けているのに治らない。

処方された薬を飲んでいるのに一向に良くならない。

こんな方達が、こぞって訪れるのが福辻先生のアスカ治療院なのです。

私達がお世話になっている病院では、最新医療が実施されていますが

まだまだ世の中には、最新医療でも治せない病気が多いそうです。

ウィルスが原因の病気なら、抗生物質を飲めば治ります。

また癌も早期発見なら、摘出手術で完治する可能性が高いのも事実です。

このように最新医療にしかできないことも沢山ある反面、最新医療でも

どうにもならない病気って何だかわかりますか?

私も最近まで気が付かなかったのですが、高血圧や糖尿病がその代表です。

高血圧には、血圧を下げる降圧剤がありますが、高血圧を治療する薬ではありません。

降圧剤を飲んでいるうちは、血圧が下がりますが、やめた途端に血圧は上昇します。

つまり高血圧の治療薬ではなく、血圧をコントロールする薬なのです。

糖尿病もほぼ同じです。糖尿病は、インスリンの分泌が悪くなる病気です。

ですから、食後に血糖値が急激に上昇して下げることができません。

だから食後にインスリン注射をうって、血糖値を下げるのです。

しかし、インスリン注射を打ち続けても、糖尿病を完治することはできません。

糖尿病も高血圧も薬では治らない病気なので、病院では血圧や血糖値をコントロール

する薬を商法するだけです。治療に必要なのは、患者による生活習慣の改善です。

このような生活習慣の改善は、まさに自宅でできる健康法じゃないでしょうか?

今は、高血圧と糖尿病を例に挙げましたが、これ以外にも自宅でできる健康法は

たくさんあります。便秘・腰痛・ダイエット・腱鞘炎・口内炎などなど

私は、持病で腰痛を持っているので、福辻先生の腰痛改善法を試しました。

これは腰痛ストレッチが基本になりますが、歩く時の姿勢や座るときの姿勢

仕事をしている時に腰へ負担をかけない方法など生活習慣を教えてくれます。

腰痛を治すために行うストレッチを続けると、腰痛になりにくい体になれるそうです。

なんか凄い話だと思いませんか?

第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手がついに決定!

先日、第67回NHK紅白歌合戦の司会者が発表されたばかりですが、

出場される歌手46組もついに決定しました!

46組の顔ぶれを見てみると、まあ賛否両論ありそうな感じですね。

まあ毎年なんでこの歌手がという選考結果はあるんですが・・・

まず、初出場は紅組5組、白組5組で合わせて10組。

紅組はPUFFY、宇多田ヒカル、欅坂46、大竹しのぶ、市川由紀乃。

一方、白組はKinKi Kids、桐谷健太、RADWIMPS、

RADIO FISH、THE YELLOW MONKEY。

初出場組では、やっぱり宇多田ヒカルに注目ですかね。

あと、KinKi Kids、PUFFY、イエモンの3組が

今まで一回も出場していなかったのは知りませんでした。

最近は、紅白も少しずつ世代交代が進みつつありますね。

今年は、先日“紅白卒業”を発表した細川たかしをはじめ、

和田アキ子、伍代夏子、藤あや子といった紅白常連組が選ばれませんでした。

紅白の選考基準の一つに「今年の活躍」というのがあるそうです。

でも、活躍といっても少し曖昧な感じはしますよね。

だって、毎年のようにこの人今年活躍してたっけ?

と思われても仕方がないような人も何人か選ばれていますからね。

それはそうと、演歌勢の出場数が少ない感じがしませんか?

まあ、落選した紅白常連組に演歌歌手が多いというのもありますが、

山内惠介や三山ひろしといった若い世代には頑張ってもらいたいです。

さて、日本中が気になっているSMAPの出場はどうなったんでしょう。

ちょうど紅白歌合戦があるおおみそか12月31日を最後に解散します。

ファンだけでなく、多くの方が彼らの最後の紅白を見たいはずです。

私も気になってすぐに発表された白組の出場歌手を確認しました。

あぁ・・・ やっぱりSMAPは出場しないんですね。

ただ、NHK側はまだ出演交渉をしているともコメントしています。

SMAPの騒動に関しては、彼ら本人しか本当のことはわかりません。

そして、おそらくですが、今後も本当のことが公になることはないでしょう。

でも、最後ぐらいはSMAP5人が紅白で歌う姿を見てみたいですよね。

良い歌いっぱいあるのに、もう彼らが歌うことはないんでしょうか。

最後に「世界に一つだけの花」を歌ってくれないかな。

2016年最新の加湿空気清浄器!

今年も加湿器がほしくなる季節がやってきました。

毎年、買いたい!と思うのに、いつも来年こそはと、先送りにしてしまっている。

でも、今の加湿器は空気清浄機と一緒になっていて性能がいいですよね。人気の4社の加湿空気清浄器をしょうかいします。

日立アプライアンス

両背面から空気を吸い込むタイプなので吸引パワーがトップレベルの加湿空気清浄器。8畳の部屋はたった6分できれいにすることができるんですよ。

そして、もう一つの最大の特徴は、面倒なフルターの掃除を自動で掃除してくれる機能が搭載されていること。48時間に1回、日立独自のお掃除ユニットが上下に動いて掃除してくれます。

さらに、掃除などのお手入れがしやすいように、加湿するお水を入れるタンクが、多くが縦型ですが、日立は平べったいタンクにしたので掃除がしやすいんですよ。

ダイキン工業

ダイキン工業の加湿空気清浄器は加湿がとても優れています。「おまかせ運転」のスイッチを入れると、部屋の温度を検知して、その温度に対して快適な湿度を保つように自動でコントロールしてくれます。

また、ストリーマと言う機能が搭載されており、プラズマ放電で出来たストリーマが放射されてフィルターにあたり、菌を抑制して清潔に保ってくれるので常にきれいな状態にしてくれます。

そのストリーマは、加湿の水にも効果的。放置すると加湿フィルターやタンクの水も汚れてしまいがちですが、加湿フィルターにストリーマをあてることで、吸い込んだ菌を抑制して加湿する水を清潔に保ってくれるので、常にきれいな水で部屋を加湿することができる。

シャープ

自然界にあるイオンと同じプラズマクラスターによって、部屋中の菌を除菌したり、不快なニオイを抑えてくれます。

さらに、パワフルショットのボタンを押すと、プラズマクラスターを通常の2倍の濃度で出して、洗えないソファーやカーペットを除菌したり、洗濯物の生乾きのニオイを取り除いてくれる。なんと、枕の加齢臭も抑制してくれんだとか!

パナソニック

パナソニックがこだわったのは花粉です。一般的な空気清浄器は横や背面から空気を吸っていますが、パナソニックは空気の吸い込み口を正面の下から空気を吸い込むように作られています。これは、花粉が重くて下に落ちやすいため、より花粉をしっかり吸いこむように考えられたものです。

また、背面に吸い込み口があるメーカーもありますが、パナソニックは前面に吸い込み口があるので、壁にピッタリくっつけて設置することができ部屋を広く使うことができます。

認知症はワクチンで予防できる時代になるかも!?

昨日、明石家さんまの「ホンマでっかTV」を見ていたら、イギリスの新聞デイリー・テレグラフが、「世界初の認知症を予防できるワクチンが開発できる。」と掲載したという話題を取り上げていました。

「ホンマでっかTV」に出演している、生物学専門家の池田先生の解説によると、オーストラリアのフリンダース大学とアメリカにあるカリフォルニア大学が共同で研究を行っていいるそうです。

特にアメリカ政府は、この認知症予防と治療のために、2116年だけでも約1000億円もの高額のお金を出しているんだそうです。高額の投資がされているんですね。

どんなワクチンかというと、アルツハイマーの原因は、脳内でアミロイドベーターとタウという2つのたんぱく質が蓄積することにより発症することが分かっているそうです。その2つのたんぱく質を分解することができれば、アルツハイマーを予防できると考えられているそうです。

このワクチンは、50歳以上の健常者のひとなら打つことができ、認知症の予防だけではなく、認知症の初期の人であれば、認知症が回復するかもしれないんだそうです。

国際アルツハイマー病協会が発表した報告によると、世界では毎年新たに約990万人が認知症を発症していて、増加しているそうです。認知症はなってしまった本人は良いが、家族が大変だと言いますが、家族がいない私はもし認知症になったらどうなってしまうのだろう。

と言うか・・・もしかしたら、もうなっているかもしれないんですよね。本当に長く生きていくと不安ばかりが出てきて、ため息がでる。

近年、医学の世界は目覚ましいスピードで進歩しています。早く私たちの身近で手軽な価格で使えるようになってほしいですね。

乾電池で飛行!ギネス達成記録を目指す!

テレビのワイドショーで紹介されていたので、ご存知の方もいるかと思いますが、パナソニックの乾電池エボルタのパワーだけで飛行する「エボルタチャレンジ2016」が11月6日の早朝、滋賀県の琵琶湖上で行われました。

目標は、ギネス記録として認定されている10km以上の飛行を達成すること。そして、チャレンジするのは東海大学人力飛行機チーム「TUMPA」のメンバーです。

パイロットに選ばれた鷹栖啓将くんは、本当の夢はパイロットになる事だったそうです。ですが、視力の問題でその夢は断念することに。ですが、鷹栖啓将くんは、今回、その夢を違うかたちではあるが、パイロットとして空を飛べる事に感動し意欲を燃やしていました。

しかし、結果は3,531mで着水し目標である10kmには達することはできませんでした。実は「エボルタチャレンジ2016」は、当初11月3日に予定されていましたが強風のため延期され6日に行う事になったのです。6日は、離陸する際は弱い風でしたが、沖合に出ると強風が吹いていたのです。

チャレンジが終了後、鷹栖啓将くんは、見学に来たいた母親に「大学で僕が何をやっているかは家で話さないけど、僕がやっっていたことはこれだったんだ。」と、その後、お母さんは「良かったじゃないチャレンジできて。」と。今まで心配していた母親の気持ちをちゃんとわかっていたんです。頼もしい息子さんです。

もちろん、目標を達成する事は大切だとおもいます。ですが、チャレンジするまでの過程がこれから生きていく上でとても重要な事なんだと感じました。きっと、これからもあきらめることはしない、チャレンジをしていく人生を歩いていくんだろうなきっと。

今年こそはダイエットしよう!

よし!今年こそはダイエットするぞ!と毎年のように決意するけど、

結局、いつも3日坊主で終わってしまうダメ人間な私・・・

最初は意気込んでウィーキングや筋トレなどを始めるんだけど、

面倒くさがりで飽きっぽい性格なんで、すぐに挫折してしまうんです。

これではいけない!自分は今日から変わるんだ!

毎年1年が終わろうとする頃に、必ず焦って決意するんです。

どうせ続きもしないくせに・・・

今年ももうすぐ1年が終わろうとしています。

このままだとまた来年も同じ結果になりかねない。

そうだ!何か自分に大きな目標を課そう!

それぐらいしないと、怠け者の僕はいつまで経っても痩せれない。

でも、大きな目標って一体何がいいんだろう。

ただ10キロ、20キロ痩せると目標を立てても、

絶対に途中で挫折してしまうに違いない。

どうしても痩せなければならない理由がないと無理だろう。

そんな時、ふとあるひとりの女性の姿が頭に浮かびました。

その女性は、ずっと片思いでいる幼なじみ。

長い間、思いを伝えられずに今日まで来ました。

幸い彼女もまだ付き合っている男性がいないようだし・・・

そこで私は決意をしたんです。

よし!ダイエットして彼女に告白しよう!と。

いつも今年こそはと決意してダイエットにチャレンジするけど、

怠け者の僕にはただそれだけの決意では弱かった。

何か自分を奮い立たせるものが必要だったんです。

ひょっとしたら彼女に告白しても振られるかもしれない。

これまでのように幼なじみとして仲のいい友達でいられるだろうか?

いや、そんなネガティブな考えではダメだ!

そんなんじゃダイエットもまた失敗してしまうぞ!

自分自身を変えるんだろ?

ダイエットに成功して、彼女への告白も成功させるだ!

・・・それから半年後、私は見事20キロのダイエットに成功した。

自分でも驚くぐらい見た目が変わったと思う。

これなら告白も上手くいくんじゃないかと自信が湧いてきた。

そして、いよいよ彼女を呼び出して告白する時が来た。

彼女も僕のあまりの変貌振りに驚きを隠せなかったようだ。

いいぞ!話も盛り上がっているし、なんだかイケそうな気がする!

僕は意を決して彼女に思いを伝えた。

彼女の返事は・・・

ゴメンサイ・・・

たったそのひと言だった。

こうして、僕の約半年間チャレンジは終わった。

一瞬頭の中が真っ白になったが、なんか晴れやかな気持ちでもあった。

正直彼女に振られたのはショックだったが、自分に言い聞かせた。

それでもいいじゃないか!ダイエットという目標は達成できたんだから!と。

結婚して30年家はいつ建てる!

結婚してから既に30年が過ぎようとしている。

新婚の時、家を建てよう!と約束したのに・・・

いまだに賃貸マンションに住んでいる。

この目標はいつ実行するんじゃ?今でしょ!と嫁が言う。

でもね。

現ナマが必要でしょ。

もうすぐ60歳になるのに住宅ローンなんて組めないし・・・

だよね~と嫁が言う。

家を建てる夢もあるが、そんな事より老後を心配する年になった。

住む家があっても、食べてゆけなきゃ意味がない。

食べるだけでは、生きている甲斐もない。

どうせ生きるなら、楽しく生きたいじゃないか?

やっぱり必要なのは金!

だよね~と嫁が言う。

今日も何も決まらない!

やりたい事は、今やろう!後悔する前に。