史上最高齢の日本人プログラマー!

2017年アップル社の新商品説明会でCEOのティム・クック氏より、史上最高齢のプログラマーとして紹介された若宮正子さんをご存知ですか?

なんと年齢は82歳。今年初めてアプリを開発し、プログラマーとして紹介されたのです。

そのアプリは「hinadan」という名前。

日本に昔から伝わるひな祭りに飾るあの『ひな壇』です。お雛様や五人囃子を正しい位置に配置するシニア向けのシンプルなゲームです。

現在存在している多くのアプリは、若い世代に向けのものが多いですよね。しかし、これからはシニア世代の人もスマートフォンを活用する時代になりました。

若宮さんは、そんなシニア世代のスマホ操作に配慮し「若者に勝てるゲームを開発しようと思い」hinadanを開発したそうです。

しかも、若宮さんは、このアプリのプログラムを作るプログラミングを学校にも行かないで独学で学びマスターしたそうです。これは驚きです!簡単にできる事ではありません。

プログラミングとは・・・コンピューターが理解できる言葉に変換して指示を打ち込む事。

若宮さんがコンピューターをやり始めたのは60代の時、定年退職してやっと自由な時間ができましたが、その当時、母親が要介護だったので若宮さんが介護をされていたそうです。その為、自宅からあまり外出が出来なかったそうです。

そんな時、雑誌で「コンピューターがあれば世界でおしゃべりができます。」と言う広告を見て直ぐにコンピューターを衝動買いしたのが始まりだったそうです。

ところが、コンピューターを買ったのは良いが、ネットに接続できるまでに3か月もかかったそうです。

その後、高齢者が集まるインターネット上のある掲示板を見つけることになります。わからない事があると、そこの掲示板で質問をすると、その掲示板を見ている仲間が教えてくれ支えてもらったそうです。

現在、若宮さんはパソコンでの自分の経験を活かし、高齢者にパソコンを教えるために全国で講演会の活動をされているそうです。

若宮さんのように、高齢になっても活躍するには、体が健康である事も大切ですが、自分が興味がある好きなことを見つけてやり続ける事、社会とつながっている事が健康寿命につながる。と専門家は話していました。

主治医が見つかる診療所でアディポネクチンを解説

6月20日放映された主治医が見つかる診療所の芸能人徹底検査!

人間ドックスペシャルに岡部正先生が出演。

5人の芸能人(勝間和代さん、岩尾望さん、飯尾和樹さん、川崎麻世さん、ダンプ松本さん)が、

人間ドックでの健康診断の結果を岡部クリニックの岡部正先生や循環器内科の秋津義男先生、

ナグモクリニック病院長の南雲吉則先生などの各専門医が解説しました。

僕がもっとも注目したのは、川崎麻世さんのアディポネクチン値の計測です。

なんと3.5ug/mlしかありません。

男性のアディポネクチン値の平均は8.5ug/mlと言われています。、

普段から、自分のアディポネクチン値を知りたいと思っていたので、とても参考になりました。

岡部先生の解説では、アディポネクチン値は高ければ高いほど良く、

アディポネクチン値が4.0ug/ml以下の場合、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが約3倍になるそうです。

川崎さんは太ってないのにアディポネクチンがかなり低い!

これは病気になる可能性が高い状況だそうです。

もしかすると生まれつきアディポネクチンが低い可能性があるとも言っています。

いずれにしろアディポネクチンは、カラダの中で血管を修復したり、糖尿病を予防する働きをしています。

川崎さんのように平均値より低い場合は、この防御機能が弱いとも言えます。

結果として、動脈硬化が進んでしまうために病気になりやすいという解説でした。

川崎さんアディポネクチンを増やすには

川崎さんだけじゃなく私たちも一度は、アディポネクチンの検査をするべきと思いました。

通常の健康診断や人間ドックに、オプションで加えられる検査です。

大きな病院じゃなくても内科で血液検査が受けられますので、試してみてはいかがでしょうか?

さて!川崎さんのようにアディポネクチンが低かったら、どんな対策がベストでしょうか?

僕がおすすめするのは、岡部正先生が監修した『DSアディポ』というサプリです。

このサプリは、アディポネクチンを高める成分が配合されています。

年金の受け取りを70歳まで繰り下げると月の受給額が増える!?どう思いますか?

安倍総理は、9月14日に行われた自民党総裁選討論会で、「生涯現役であれば、70歳を超えても受給開始年齢を選択可能にしていく、そういう仕組みをつくりたい。3年で断行していきたいと考えています。」と話しており、

そして11月2日、厚労省から年金受給の受け取り開始を70歳まで遅らせた場合の具体案が初めて公表されました。

厚労省が公表した資料によると、夫が60歳まで働き、妻が専業主婦の場合の一例

【例】60歳まで働き65歳から年金を受給開始する場合
1か月の年金受給額は21万8000円

70歳まで働き70歳から年金受給を開始する場合
1か月の受給学は33万1000円

この差額は11万3000円にもなります。

でも、70歳まで生きているかわからない。そんな感想をもっている人も多いのではないでしょうか。

1965年当時の人口比率は、65歳以上1人に対して20歳~64歳は約9人。一人の年金を9人で支えていました。

ところが、2018年では、65歳以上1人に対して20歳~64歳は約2人。一人の年金世代の人を2人で支えています。

このような高齢化社会になって年金の問題は大変な問題となっていますが、国ではこうなるのは分っていたのだから、もっと早く対策をうつことはできなかったのだろうか?

これでは、今の若者は老後を国に頼ることはなくなる。つまり年金制度もどうなんだろうか?と、思う人が増えても仕方がないのでは。